FAQ(よくあるご質問)

PCA3とは何か?
PCA3検査とPSAの違いは何ですか?
PCA3検査の最も重要な利点は何ですか?
PCA3検査はいつ行うべきですか?
PCA3値は、生検が必要かどうかを決定する際だけでなく、臨床的に重要な(進行性)がんと、重要でない(不活性)がんを区別するのに役立ちますか?
PCA3検査は、監視療法中の前立腺がんの進行をモニタリングするのに使用することができますか?
PCA3検査は局所療法、全身療法後、前立腺がんの反応や再発をモニタリングするのに使われますか?
PCA3検査はどのように行われるのですか?
PCA3値はどのように解釈されますか?
PCA3検査を実施する相談はどの医師にすればよいですか?
全泌尿器科医がPCA3検査を実施できますか?
PCA3検査の結果はどれくらいでわかりますか?
PCA3検査の費用はいくらですか、また PCA3検査は健康保険の給付対象ですか?
PCA3検査のために採取された尿サンプルの量はPCA3値に影響しますか?
フィナステリドやデュタステリドのような5α還元酵素阻害剤は、前立腺の大きさや血清前立腺特異抗原(PSA)値を減少させます。これらの薬剤はPCA3値にも影響を与えますか?
PCA3値は年齢に左右されますか?
テストステロン補充療法はPCA3値に影響しますか?
PCA3検査は尿路感染症によって影響を受けますか?
最近の射精はPCA3値に影響をしますか?
抗生物質を使った治療はPCA3値に影響しますか?
PCA3検査は、以前に前立腺炎の治療を受けた前立腺がんの疑いがある男性に、生検が必要かを決定する際に役立ちますか?
過去に前立腺肥大症(BPH)の治療のために経尿道的前立腺切除術(TURP)を受けた男性において前立腺がんの疑いがある場合に、PCA3検査は生検が必要かどうかを決定するのに役立ちますか?
PCA3値は、患者自身やその近親に高い前立腺がんのリスク(例:BRCA2変異)に関係する遺伝子変異をもつ男性に前立腺生検を実施するかを決定するのに役立ちますか?
PCA3検査は人工肛門を有し、高い前立腺特異抗原(PSA)値で前立腺腫大をもつ男性、つまり直腸からの前立腺生検が施行不可能な男性に対する有効なオプションでしょうか?
家族に前立腺がんの病歴がなく、直腸指診(DRE)は正常で、血清前立腺特異抗原 (PSA)値が年齢の正常値に対し少し高い、比較的若い患者に生検を実施するかどうかの決定にPCA3値は役立ちますか?
家族に前立腺がん病歴がなく、直腸指診(DRE)の結果が正常で、中等度上昇した(低~中等度高い)血清前立腺特異抗原(PSA)値(たとえば69歳で9.1 ng/mL)である患者の生検を実施するかを決定するために、PCA3値は使われますか?
臓器限局性早期前立腺がんの診断を下す際の、現在の問題は何ですか?