FAQ(よくあるご質問)

PCA3検査はいつ行うべきですか?

PCA3編集委員会からの回答
Prof. Jack Schalken
Prof. Bertrand Tombal
Prof. Hendrik Van Poppel
29/03/2011

前立腺がん遺伝子3(PCA3)検査は前立腺特異抗原(PSA)の代わりではありません。これは、前立腺生検の結果をより正確に予測するための追加手段です。前立腺がん(PCa)の疑いのある男性、つまり直腸指診(DRE)で疑いがある、またはPSA値が高い(2.5~10 ng/mL)、1回または複数回の生検で陰性が出ている男性に対し、本当に生検を必要としているか決定するのに役立ちます。生検で前立腺がんが確認された場合、前立腺がんの進行や腫瘍の重症度などの治療前リスクや、早期治療の必要性を予測するのにも使われます。

PCA3予備知識を相互参照のこと